解析講座 2つの最適化解析を使ってはじめる設計革新 サイバネットシステム株式会社 大澤 宜紀

2つの最適化解析を使ってはじめる設計革新

ANSYSものづくりフォーラム 2017 in 東京 講演資料|公開日:2017年7月

プログラム概要

ANSYSには2つの最適化解析があるのをご存知でしょうか。1つは最適なパラメータの組み合わせを求める最適化解析、もう1つは大まかな設計空間から、不要な部分を削りだして最適な形状を求めるトポロジー最適化解析です。何れもDesignSpace以上のライセンスで利用することができます。製品設計におけるCAEの強みの1つであるパラメータスタディに加えて、トポロジー最適化がANSYS18.0から追加され、さらに強力に設計にフィードバックできるようになりました。本セッションでは、この2つの最適化解析の違いと、設計に活用するための使いどころについて紹介いたします。

講演資料 目次
  1. 構造最適化とは?
    • 構造最適化の種類と特徴
  2. ANSYSでできる最適化解析
    • トポロジー最適化
    • 設計調査による最適化
  3. 構造設計に革新を起こそう!
    • 開発プロセスへの最適化解析の適用
    • 新規設計部品を例にしたプロセス/li>
  4. 全体のまとめ
  5. 例題やセミナーなどのご案内
    • 体験例題のご案内

資料サンプル

構造最適化とは? 構造最適化とは?
ANSYSでできる最適化解析 ANSYSでできる最適化解析 トポロジー最適化の流れ
ANSYSでできる最適化解析 ANSYSでできる最適化解析 設計調査による最適化解析の準備
構造設計に革新を起こそう! 構造設計に革新を起こそう!

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ