解析講座 ANSYS R16 の機能を活用した解析アプローチ より良い解析フローの効率化を目指して
サイバネットシステム株式会社

ANSYS R16 の機能を活用した解析アプローチ

ANSYSものづくりフォーラム 2015 in 北陸 講演資料|公開日:2015年11月

プログラム概要

近年の計算機能力向上により、大規模かつ高度な機能を利用した解析が扱えるようになった反面、トラブルや課題も複雑化しております。今回は4つのセッションにて作業フローの簡略化や管理方法をご提案します。
(1)ゴム材の大変形に伴うトラブル回避テクニック
(2)パーツ点数増大に伴う接触定義のヒューマンエラー回避テクニック
(3)ファイル容量増大に伴う管理トラブル低減テクニック
(4)振動騒音対策における動解析機能の総括および解析手法の紹介

講演資料 目次
  1. 大変形に伴うトラブル回避テクニック
  2. 接触定義のヒューマンエラー回避テクニック
  3. ファイル容量増大に伴う管理トラブル低減テクニック
  4. 振動解析機能の総括および手法の紹介

資料サンプル

こんな状況に遭遇したことはありませんか? こんな状況に遭遇したことはありませんか?
非線形アダプティビティの概要 非線形アダプティビティの概要
非線形アダプティビティの概要 非線形アダプティビティの概要
事例紹介 事例紹介

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ