解析講座 ANSYSを活用した疲労・破壊解析 既存機能の使いこなしから新製品活用まで
サイバネットシステム株式会社

ANSYSを活用した疲労・破壊解析

ANSYSものづくりフォーラム 2015 in 北陸 講演資料|公開日:2015年11月

プログラム概要

お客様からいただく解析要望として疲労・破壊解析は常に上位にランクインされています。しかしながら、疲労・破壊解析の機能を 実際の設計現場で活用している方はまだ少数です。本セッションでは、ANSYSの既存機能で行える疲労解析や破壊解析のテクニックや、疲労解析を精度良く検討するために考慮すべき影響因子など事例を交えてご紹介いたします。

講演資料 目次
  1. 破壊解析と疲労解析の違い
  2. 破壊解析の紹介
    • 破壊解析とは
    • 解析アプローチ
  3. 疲労解析の紹介
    • 疲労解析とは
    • 応力寿命疲労/ひずみ寿命疲労
    • 疲労強度に影響を与える因子
    • ANSYS社が提供する疲労CAEツールの紹介
  4. まとめ

資料サンプル

破壊解析の紹介 破壊解析の紹介
座標系の作成 座標系の作成
亀裂のあるジオメトリの読込/作成 亀裂のあるジオメトリの読込/作成
ANSYS Fatigue ANSYS Fatigue

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ