製品紹介 ANSYS Workbenchにおける解析データ容量低減テクニック サイバネットシステム株式会社

ANSYS Workbenchにおける解析データ容量低減テクニック

ANSYSものづくりフォーラム 2015 in 大阪・名古屋・東京 講演資料|公開日:2015年7月

プログラム概要

近年の計算機能力向上により、一般的な計算環境においても大規模な解析モデルを取り扱えるようになってきました。詳細な結果を得られるようになった反面、解析に関わるデータ容量がますます増えるという課題が出てきています。本セッションでは、ANSYS Workbench環境における主な解析データの種類と容量、そしてGUIメニューやコマンドを使用してデータ容量を低減する方法をご紹介します。また、必要な情報だけ残してデータを圧縮する方法についてもご紹介します。

講演資料 目次
  1. はじめに
  2. どのファイルの容量が大きいのか?
  3. 容量を減らすテクニックは?
  4. ファイル自体を消せる?

資料サンプル

根本的な解決策 根本的な解決策
実は消えているファイルも多い 実は消えているファイルも多い
定常vs過渡解析 定常vs過渡解析
コンタ図を見れる状態にしてファイルを削除する コンタ図を見れる状態にしてファイルを削除する

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ