解析講座 混相流解析、はじめの一歩 - 現象理解から始める混相流解析 サイバネットシステム株式会社

混相流解析、はじめの一歩 - 現象理解から始める混相流解析

ANSYSものづくりフォーラム 2015 in 大阪・名古屋・東京 講演資料|公開日:2015年7月

プログラム概要

混相流(または多相流。気体と液体、液体と固体などの異なる物質状態が同時に存在する流れ)の解析には、単相流とは異なる解析モデル、手法が用いられます。ANSYS CFD(FluentおよびCFX)には混相流解析のための多数のモデルが用意されており、現象に応じて適切なモデルを選択する必要があります。本セッションでは、これから混相流解析を始められる方を対象に、ANSYS CFDにおける混相流モデルの概要とその選択方法について、解析事例を交えながらわかりやすくご紹介します。

講演資料 目次
  1. 混相流とは
    • 混相流とは
    • 混相流の例
    • 単相流/化学種と混相流の違い
  2. 混相流の分類
    • 流動様式による分類
    • 相の種類による分類
    • モデル化手法による分類
  3. ANSYS CFDの混相流モデル
    • FluentおよびCFXに実装されている混相流モデル
  4. 混相流の解析事例
    • インクジェット/水中翼上の流れのキャビテーション/ T字管内の流れ/非抵抗力を考慮した気泡流/サイクロン
  5. まとめ

資料サンプル

混相流とは 混相流とは
混相流の分類 混相流の分類
水中翼上の流れのキャビテーション 水中翼上の流れのキャビテーション
非抵抗力を考慮した気泡流 非抵抗力を考慮した気泡流

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ