解析講座 ANSYS Workbench Mechanicalで扱う節点・要素モデリングテクニック集 サイバネットシステム株式会社

ANSYS Workbench Mechanicalで扱う節点・要素モデリングテクニック集

ANSYSものづくりフォーラム 2014 in 東京 講演資料|公開日:2014年10月

プログラム概要

近年のANSYS Workbench Mechanicalでは、ソリッドモデルだけでなく、有限要素モデルに対する選択操作や名前選択作成、節点・要素選択による結果の表示・出力ができるようになりました。また、外部ソルバーから出力された結果データをWorkbenchにて読み込み、境界条件として利用することが可能です。本セッションでは、これら利便性の高い機能についてご紹介いたします。

講演資料 目次
  1. ANSYSのGUI
  2. 節点選択
    • 名前選択機能の拡張
    • 節点群へ境界条件を定義
    • 節点の名前選択に基づく結果表示
    • 選択した節点の結果をエクスポート
    • 節点選択を使用した事例
  3. 要素選択
    • 要素の選択
    • 要素に対する名前選択の作成
    • 要素選択による結果スコープ
    • 要素選択を使用した事例
  4. 注釈コントロール
    • 節点の番号表示が可能
    • 選択節点に属する要素表示が可能
  5. 外部データ
    • 外部データのインポートとは
    • インポート可能な外部データ
    • 外部データを使用した事例
  6. ACT Extension Library
    • ACT Extension Libraryとは
    • ACT_FE_Info_Extension
    • ACT_Morphing2D Extension
    • ACT_NLDIAG_Extension
    • ダウンロード方法

資料サンプル

節点選択 節点選択
要素選択 要素選択
注釈コントロール 注釈コントロール
ACT Extension Library ACT Extension Library

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ