解析講座 樹脂材料のシミュレーション入門 材料モデルの選定・物性値取得・解析テクニックまで
サイバネットシステム株式会社

樹脂材料のシミュレーション入門

ANSYSものづくりフォーラム 2014 in 東京 講演資料|公開日:2014年10月

プログラム概要

樹脂に代表される高分子材料は成形加工性・軽量化など多くの利点を持っており、自動車や電子機器など幅広い分野で利用されています。しかし材料の挙動としては「大変形塑性、温度依存性、ひずみ速度依存性」などの特徴を持っており、解析において「材料モデルの選定・物性値の取得や同定」などで悩んでいるという声を良く聞くことがあります。そこで本セッションでは、樹脂材料を対象として解析事例を交えながらANSYS Workbenchにおける材料モデル・物性値取得・解析テクニックなど一連の流れをご紹介します。

講演資料 目次
  1. 高分子材料の特徴
  2. 材料モデルの検討
  3. 粘弾性とは
    • 粘弾性の特徴
    • 粘弾性の材料モデル
    • 粘弾性の材料試験
    • 材料物性値の同定
  4. 材料データベース

資料サンプル

高分子材料の特徴 高分子材料の特徴
材料モデルの検討 材料モデルの検討
粘弾性とは? 粘弾性とは?
粘弾性の材料試験 粘弾性の材料試験

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ