解析事例 Additive Manufacturingのためのトポロジー最適化 ANSYSで金属積層造形の為のトポロジー最適化を実現

3Dプリンターに代表されるように、積層造形(Additive Manufacturing)技術の進歩に伴い形状自由度の高い部品が設計・製造可能となりました。
形状自由度が増すことで必要な剛性を確保しつつ不要な材料を削減し、コスト低減に貢献できます。しかしそれを実現するためには以下のような課題があります。

  1. 形状自由度が増す分、最適形状がイメージし辛くなる
  2. 自由な形状を設計する手法がなく、勘や経験を基に最適と思われる形状だけを設計する
  3. よりベターな形状を求めるまでの、繰り返し検討に時間を要する

本事例ではこういった課題を解決するために、ANSYSのトポロジー最適化の機能を用いて、最適化形状を導きました。また実際にその形状を金属プリンターで造形いたしました。
詳しくはPDF資料をご確認ください。

資料サンプル

Additive Manufacturingのためのトポロジー最適化_1

Additive Manufacturingのためのトポロジー最適化_2

公開日:2018年9月

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ