解析事例 Additive Manufacturingのためのラティス構造最適化 Multiscale.Simを活用してメゾ・スケールのトポロジー最適化を実現

3Dプリンターに代表されるように、積層造形(Additive Manufacturing)技術の進歩に伴い、従来では造形が難しかったラティス構造物の造形が可能になりました。
ラティス構造物を工業製品に採用する場合、以下のようなメリットをもっています。

  1. 自由な割合で軽量化ができる
  2. 材料密度を分布させられる
  3. 素材を変えずに材料挙動を変更できる

しかしながらラティス構造物をそのままシミュレーションすると、その複雑な形状ゆえにメッシュ分割が膨大な数となり、とても計算コストがかかります。そこで Multiscale.Sim を用いることで大幅に計算コストの削減を可能にしています。

本事例では、ANSYS、Multiscale.Sim、SpaceClaim等を活用し、統合されたANSYS Workbench環境上でラティス構造の最適化までを実現しました。
詳しくはPDF資料をご確認ください。

資料サンプル

Additive Manufacturingのためのラティス構造最適化_1

Additive Manufacturingのためのラティス構造最適化_2

公開日:2018年9月

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ