解析環境の効率化

目次

はじめに

近年、製品の高度化、複雑化、製品ライフサイクルの短期化など市場からの要求が厳しくなっていることを背景に、解析環境の効率化がより一層重要な課題となっています。しかし、「実際に何から始めたらいいのか」「どのように解析環境を構築したらより効率的な運用ができるのか」などの疑問をお持ちの方も多いようです。
解析環境の効率化を考えた場合、"ハードウェアやライセンス、ソフトウェアの統合による集中管理"と"データの集約による有効活用”が鍵になるのではないかと思います。

本記事では、既存の解析環境でできる効率化から、さらに一歩踏み込んでカスタマイズや別途ツールANSYS® EKM™※を利用した効率化まで幅広くご紹介いたします。

※ ANSYS EKM (ANSYS Engineering Knowledge Manager) とは、解析関連のデータやプロセスを管理するシステムとCAEのポータルサイトを提供するツールです。過去のデータの有効活用、解析プロセスの管理、解析技術の共有化、CAEの一元管理が可能です。


CAE環境のニーズ

ハードウェアやライセンス、ソフトウェアの統合による集中管理

リモート解析(RSM)

RSMとはANSYS® Workbench™ Mechanical™の解析実行と解析のジョブ管理を別のプロセスで行う機能です。
クライアントPCではモデル作成と結果処理だけを担当し、計算はジョブ管理を行うマシンを介して計算サーバーに実行させます。
RSMの機能を使用することで計算サーバーを共有・一元管理できるだけでなく、ライセンスを有効に活用できます。また、計算サーバーをハイスペックのマシンにすれば、解析時間の短縮も図れます。


リモート解析の仕組み

この機能は、データ・プロセス管理ツールであるANSYS EKMにも搭載されており、以下のような違いや特徴が あります。

RSM環境の比較

RSM EKM経由RSM
コスト なし(Workbenchの機能) 別途費用発生
サポートソルバー Workbench環境で実行可能なソルバー ANSYS以外の3rd Partyに対応(バッチ処理に対応していること)
ユーザー環境 Workbench環境 WEBブラウザでEKMサイトにアクセス
ユーザーの設定 計算サーバーに紐づいたキューとライセンスを設定 特になし
管理者の設定 計算サーバーとキューの登録 計算サーバーとキューの登録
解析ファイルの保存先 クライアントマシンに保存 EKMのファイルサーバーに保存
RSMの特長の比較
RSM EKM経由RSM
メリット
  • 別途費用が発生しない
  • Workbench環境で使用できる
  • ANSYS以外の3rd Partyに対応
  • 古いバージョンのANSYS製品のジョブ投入も可能
  • ジョブ実行のテンプレート化で簡便な入力で解析可能
  • 解析ファイルの一元管理が可能
  • 計算サーバー、キューの変更/追加は管理者側で一括対応
デメリット
  • クライアント側で計算サーバーに紐づいたキューの登録が必要である。
  • 計算サーバーが追加された場合の対応が煩雑である。
  • ANSYS Mechanical APDLの場合、ANSYS Workbench環境に入って設定を行わなければならない。
  • 対応ソルバーが限定されている。
  • 別途コストがかかる。
  • Workbench環境のみ使用している場合、解析実行のためにEKMサイトを起動する必要がある。

リモートディスプレイ

以上のように、RSMはクライアントPCではモデル作成、結果評価だけを行い、計算は別のPCに実行させる方法でしたが、リモートディスプレイは、すべての操作をクライアントPC以外のPCで行う方法です。
CAEのGUIをリモートディスプレイで起動するため、クライアント側ではCAEをインストールする必要がありません。また、管理者側でマシンやライセンス管理を一手に行うことが出来ます。


リモートディスプレイ

ANSYS16.1では下記の環境をサポートしています。
ANSYS EKMと合わせてご使用頂くと、リモートディスプレイで行ったファイルを一元管理することが可能になります。

リモートディスプレイ対応表

デバイス バージョン EKM Windows7 Windows8.1 Red Hat Enterprise (6.0,6.5,6.6) SuSE Linux Enterprise Server&Desktop11
Open Text Exceed onDemand(EOD) Version8 SP4
RealVNC Enterprise Edition 5.2.1
(EKMのみ)

(EKMのみ)
Nice DCV 2013
Remote Desktop for Windows

>>次ページ:データの集約による有効活用

1 2

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ