解析事例 スイッチング電源回路の電源ラインへの伝導ノイズ解析

目次

  1. はじめに
  2. スイッチング電源回路から発生する伝導ノイズの定量化
  3. 伝導ノイズの解析手法
  4. 伝導ノイズの解析に必要なモデル
  5. 最後に

1. はじめに
電気機器システムがますます複雑化される現在、電磁干渉(EMI)に関連する潜在的な問題が深刻化しています。
複数の電気機器によりシステムが構成される場のEMIへの対応では、それぞれの電気機器においてノイズの発生量がより少なく設計されることが求められ、各機器や部品のノイズ設計が適切に考慮されていない場合、EMIの問題が顕在化し、その影響が他の機器にも波及してしまいます。
例えば、身近なところでは、ノイズによる耳障りな干渉がラジオから流れる音楽に乗ってしまうという現象を経験された方も多いのではないでしょうか。
もしこれが、仮に自動車のエアバッグ展開に影響を与えるノイズであった場合、生命を脅かす状況が起こりうるという危険性も考慮しなければなりません。

続きはPDFダウンロードで御覧ください
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ