ANSYS特集 ANSYSにおける1Dモデル化(モデルリダクション)技術

昨今は有限要素法を中心とした数値計算技術と計算機性能の向上を背景に、自動車や電子機器など工業製品の設計開発を中心にCAEが積極的に活用されています。近年では最適化や制御など、従来有限要素法のモデルを使用するには計算時間がかかりすぎて、その適用が躊躇されていた分野にも徐々に適用がみられつつあります。しかし有限要素法のモデルをそのまま適用すると、計算時間が現実の設計期間に収まらないため、使用を断念せざるを得ないケースもしばしば起こるようです。そこで、シミュレーション時間を短縮する方法の1つとして、ANSYS® のモデルリダクション技術について、いくつか事例を交えて紹介します。

1. はじめに
2. 状態空間実現マトリクス出力機能(SPMWRITE)
3. 非線形振動問題
4. 非定常熱伝導問題

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ