製品紹介 ここまで使える! ANSYS WorkbenchMechanical動解析機能の活用

電気自動車に代表されるように、製品の電子化・電気化に伴い、振動騒音低減への要求が高まっています。それに伴い、1つの搭載部品に対して、設計段階からこれまで以上に動的特性および動的応答を把握する必要があり、使いやすさだけでなく幅広い振動解析機能を持ち合わせたシミュレーションソフトが求められています。

ANSYS製品の統合環境である「ANSYS Workbench」は、その使いやすさから多くの設計者にご利用いただいてきました。また、ANSYS社が別途提供している解析専任者向けの操作環境「ANSYS Mechanical APDL」の高度な機能がつぎつぎと実装されており、設計現場での動解析の活用は今や現実的なものになっています。
本稿では、ANSYS Workbench Mechanicalに搭載されている動解析機能を総括し、とくに利用頻度の高い、「線形摂動解析」、「ローターダイナミクス」、「強制運動手法」の機能を挙げて、その適用方法と得られる結果について解説します。

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ