製品紹介 流体音響解析の課題とアプローチ方法 〜ANSYS CFD、WAON、EnSightを活用した流体音響解析事例〜

流体音とは、機械的な振動に起因せず、流体力学的な要因で発生する音のことを指します。
流体音響解析は、例えば以下のような場合に適しています。

・流体の運動が起因して生じている音について、音源分布の特性(強度・位相の分布)を把握したい。
・音波の伝搬の様子を可視化したい。
・静音化対策を立案したい。

流体音を計算するためには、非定常かつ細かな渦を考慮する必要があり、タイムステップやメッシュは非常に細かくなります。一方で伝搬する音波を追跡するためには、広範囲な空間を扱うほか、反射や回折などの現象も考慮する必要があります。そのため解析規模の問題から、1つのツールで流体音計算を行うことは現実的ではありません。
そこで流体音を計算するためには、一般的に、流体の流解析するアプローチが用いられます。
ここでは、流体解析ツール「ANSYS? CFD?」で音源情報を算出し、音響解析ツール「WAON」を用いて音波の伝播を計算する例をご紹介します。

1. はじめに:流体音響とは?
2. 流体音響解析の課題とアプローチ方法
3. 解析フロー
4. 解析事例
5. おわりに

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS Mechanical体験セミナー(旧称:はじめてのANSYS体験セミナー)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ