ANSYS特集 ANSYS Workbench Mechanical環境で行う音響解析

音響解析とは媒質中の音の伝搬を解析するものであり、音源から発生した音が空間中にどのように分布するのか、遠方ではどのくらいの音圧となるのか、などをシミュレーションすることができます。

音響解析自体は、古くから建物の騒音予測やオーディオ機器の設計などにおいて、目的に応じて様々な手法で実施されてきました。そして近年、騒音に対する環境意識の高まりや、各種製品により快適性が求められるようになり、音響解析の需要が非常に高まっております。また昔に比べて高性能の計算機が比較的簡単に手に入るようになったため、構造解析や流体解析で一般的な手法である有限要素法を用いて、実用的な規模・周波数帯域までの音響解析が手軽にできるようになってきました。

本稿では、マルチフィジックス解析ツール「ANSYS製品」の操作環境のひとつであるANSYS Workbench Mechanical環境(以下、AWM)を使用した、有限要素法による基本的な音響解析についてご紹介します。

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ