解析講座 比べてみる、線形構造解析と非線形構造解析 〜特徴、適用範囲、ANSYSのモデル化方法など〜

製品設計の現場でCAEを使用する際、非線形解析に比べ計算コストが小さく、収束安定性の良い線形解析でモデル化する機会が多いかと思います。それではなぜ非線形解析が必要なのでしょうか?線形解析よりも精度の良い結果が得られるだけではなく、評価したい事象によっては非線形解析でしか解けない事象があるからです。
本稿では、線形解析と非線形解析の違いや使い分けについて、事例を交えてご紹介します。

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS Mechanical体験セミナー(旧称:はじめてのANSYS体験セミナー)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ