ユーザ訪問 星薬科大学 様:  「性能が高く、かつ作りやすい」錠剤設計方法の研究にANSYSを活用 〜複雑なものを複雑なまま扱えるシミュレーション技術に期待〜

1. 「性能が高く、かつ作りやすい」錠剤設計方法の研究に、コンピュータの予測技術を活用
2. 製薬業界で注目が高まる「デザインスペース(設計領域)」に関する研究で、ANSYSのシミュレーションを採用
3. デモンストレーションで、錠剤内部の残留応力が、本当に算出されるのを確認したことが導入の決め手に。
4. 学会での反応は良好。共同研究の引き合いも。
5. 複雑なものを複雑なまま扱えるシミュレーション技術に期待。今は、1人でも多くの製剤研究者に興味を持ってもらうことが重要。

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS Mechanical体験セミナー(旧称:はじめてのANSYS体験セミナー)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ