ユーザ訪問 住友ベークライト株式会社 様: 革新的な材料開発に、ANSYSとMultiscale.Simの解析技術が貢献 〜「今、できないもの」を提示することにこそ、シミュレーションの意義があると思います〜

1. お客様からのニーズと、自社の基礎研究で開発した技術を結びつけて、新しい価値を創造
2. 当時は「絶対に無理」と言われても、数年後に実現することも。
「今できないこと」を提示してこそ、シミュレーションには意義がある
3. ガラスクロスの影響までモデル化できる点を高く評価し、Multiscale.Simを導入。
4. 大切なのは、解析する前に「何が見たいか」「何のために見るのか」を明確にし、自分なりに予想を立ててみること。
5. CAEに期待するのは、実験では見えないものを可視化すること。
ミクロレベル、分子レベルまで解明できれば、高価な実験装置をしのぐ価値が生まれる

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ