ANSYS特集 複合材モデル解析

合板や繊維強化プラスチック(FRP)など、複合材の構造は一般的に薄板構造が多く、有限要素モデルを構築する際の要素タイプにシェル要素がよく使われます。
ANSYS Workbench Mechanicalのシェルモデルは、Ver.13.0まで単一材料のみ対応していましたが、Ver.14.0から積層シェル要素を用いることで積層の複数材料も定義できるようになりました。そこで今回は、積層シェル要素を使ったモデル化についてご紹介します。

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ