解析事例 製薬分野向け流体解析事例のご紹介

今回は製薬分野における流体解析技術の活用事例をご紹介させて頂きます。
流体解析技術は電気・電子機器分野や自動車産業分野など様々な分野で活用されており、目には見えない流れの可視化や各種統計値(速度、温度、濃度等の平均値やばらつき)による評価が可能になります。

製薬分野のように、実験による現象把握が難しいケースや、実験のコストが高い場合(一回のコストは低くても多くのサンプル数が必要なケース)でも、流体解析技術を活用することで、実験コストの低減、新しい製品仕様の発案、トラブルシューティング、パイロットプラントから実機へのスケールアップなど、様々な製品開発フェーズの効率化を図ることができます。

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ