解析事例 血液浄化療法に用いられるダブルルーメンカテーテルのANSYS CFXによる流れ解析

ダブルルーメンカテーテル(DLC)は、急性腎不全、慢性腎不全での血液透析導入期、あるいは肝不全や自己免疫疾患のアフェレーシス治療における一時的血液浄化用バスキュラーアクセスとして広く用いられています。本稿ではANSYS CFXを用いたDLCの流れ解析の一例を紹介します。

桐蔭横浜大学大学院 丸下 洋一 様、佐藤 敏夫 様

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ