ユーザ訪問 プレス工業株式会社様:  金型設計におけるCAEの活用

1. 厳しさを増す「短納期、ローコスト、高品質」への要求。特に近年ではハイテン材の利用が増え、金型の高品質化が重要課題に
2. 近年注目されている材料モデルを搭載した、「eta/DYNAFORM」によるスプリングバック解析の精度向上への取組み
3. 成型シミュレーション、トライ品の3次元測定、モーフィングCADの活用により、金型コスト削減を追求

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ