製品紹介 3次元ダイレクトモデラー「SpaceClaim Engineer」による解析準備工程の工数削減とANSYS Workbenchとの双方向連携

CADで作成した3次元データをそのまま有限要素法解析ツールに取り込んで解析しようとした場合、微小な形状によってメッシュ数が多くなることがあるため、解析準備としてモデル形状の簡略化がしばしば行なわれます。また、サーフェスモデルの作成や、流体領域の抽出など、CADモデルを基にした解析モデル作成を解析の準備段階で行うこともあります。このような解析準備にかかる工数を減らすために、ここで紹介するSpaceClaim Engineerは非常に有用なツールです。

ダウンロード
※一覧ページでダウンロード資料を選ぶ


関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ