ARツール「metaio Unifeye」の紹介 -1-

目次

AR概要

ここ数年Augmented Reality(以下AR)と呼ばれる技術がスマートフォンを中心に流行っています。ARは現実の空間に様々な情報を重畳表示する技術です。図1に示すのは部屋の写真にCGで作られた家具類を表示した例です。
このアプリケーションはiPhone、iPad2で使うことができ、ユーザは自分の部屋を撮影し、その画像に購入したい家具を重畳してレイアウトを検討できます。このように実写映像へ空間的整合性を持たせてCGを表示する機能を提供するARツールが、モバイル向け製品を中心に増えてきました。本稿ではARツールとして世界的にも評価があるmetaio社が提供しているソフトウェア「Unifeye」を紹介し、工業分野での事例と可能性について述べます。

図1 AR家具レイアウト
図1 AR家具レイアウト

 

>>次ページ:metaio社のARツールの特徴

1 2 3

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ