全記事 ANSYS Advantage Volume X, Issue 1, 2016

特集: 熱制御

<目次>
[ベストプラクティス]
◎熱問題を解決
すべての製品およびプロセスには、これらが最も効率的に動作する温度範囲である熱的快適域があります。

[実践的先駆者]
◎冷却業界のトレンド
家庭用電化製品メーカーは、小型化が進むパッケージに増大する機能を搭載しようとしており、熱管理が重要な設計課題となっています。

[エレクトロニクス]
◎熱解析を高速化
Fairchild Semiconductor 社のエンジニアは、次数低減手法を使用して、電気自動車とハイブリッド電気自動車に必要なコンポーネントの開発期間を短縮しました。

[自動車]
◎ジャンクションブロックの温度上昇を抑制
自動車の複雑化が進むなか、その機能を支える電子機器を製造しているメーカーは、システムの信頼性と安全性を高める必要に迫られています。

◎エンジンルーム内のエレクトロニクス
最新の自動車に搭載されているエレクトロニクスは、性能や信頼性を低下させることなく、高温のエンジンルーム環境で動作しなければなりません。

[ターボ機械]
◎新技術によるタービン冷却流路の設計
タービンは,燃料消費を削減するために非常に高い温度で運転しなければならない一方で、構造の完全性を保ちつつ耐用年数要件を満たすために内部冷却を行う必要があります。

◎省エネを実現する遠心圧縮機を設計
回転機械メーカーであるContinental Industrie 社は、ANSYS の統合型ターボ機械設計プラットフォームを使用したことで、排水処理時に2 〜 5% の省エネを見込める遠心圧縮機を設計できました。

[消費財]
◎シャワーヘッドの革新
新興企業であるNebia 社は、シャワー体験を変革しようとしています。

◎LED 照明器具の除熱
DuPont 社のエンジニアは、LED 照明器具の熱を除去するため、ANSYS CFD シミュレーションを使用して、自社独自の基板の内部温度を正確に予測しました。この情報はシミュレーションなしでは得られません。

[ヘルスケア]
◎補聴器の指向性を最適化
Oticon 社では、マルチフィジックスシミュレーション機能を使用し、各着用者に合わせて補聴器の指向性を最適化しています。

[航空宇宙・防衛]
◎空調システムの性能向上を実現
乗客の快適性と安全性を確保するには、飛行中と着陸時における機外の極端な温度差と気圧差を調節する必要があります。

[エネルギー]
◎メソからマクロスケールを繋ぐ固体高分子形燃料電池シミュレーションの技術開発
燃料電池システムにより家庭での発電が実現します.パナソニックは,シミュレーションを利用して燃料電池システムのコストを削減することで、その商品性を高めました。

[建設]
◎複雑な曲面を持つ鉄道駅を解析
柔軟性に優れたシミュレーションソフトウェアが、複雑な曲面を持つ鉄道駅の構造解析にかかる期間を大幅に短縮しました。

[ソリューション]
◎熱荷重の影響を把握
ECAD 形状の新しい簡略化手法により、熱荷重下でのプリント基板の反りと挙動を予測することが現実的になりました。

ダウンロード


ID/パスワードを申込む
PDFのダウンロードには、IDとパスワードが必要です。
はじめての方(IDとパスワードをお持ちでない方)は、ID・パスワードをお申込みください。
 のPDFはID・パスワード不要で閲覧できます。
発行誌「ANSYS ADVANTAGE」の一覧はこちら

関連キーワード

関連セミナー

はじめてのANSYS体験セミナー(無料)

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ