[アルティメイトテクノロジィズ株式会社]高度なPCB設計サービスに、ANSYSの電磁界解析ツールを活用 「シミュレーションという“共通言語”を持つことで、お客様との連携がスムーズにできる。このメリットは大きいです。」

目次

利用のきっかけはお客様の紹介。今はANSYS製品がメインの解析ツールに。サイバネットのサポートは高い頻度で活用中。

- 御社にはANSYS HFSS、ANSYS SIwave、ANSYS Icepakをお使いいただいていますが、導入経緯をお聞かせください。

内海 4 〜 5 年前に、電源の共振解析をするためにANSYS SIwaveを導入したのが最初です。当時は別のツールを使っていたのですがどうしても結果が合わず、お客様に紹介いただいたのがこちらの製品でした。試したところ、なかなか良い結果が出たので導入を決定しました。それからANSYSをメインの解析ツールとして活用しています(解析事例:図1〜5)。

- 製品についてご感想をお聞かせください。便利だと思う、または優れていると思われる機能は何ですか?

内海 電磁界解析(ANSYS SIwave / ANSYS HFSS)、熱解析(ANSYS Icepak)ともに、パラメータを振って結果を比較する解析機能が便利だと思います。
例えば電磁界解析なら、ANSYS SIwaveやANSYS HFSSの解析で求めた特性を使って、回路シミュレータのANSYS Designerで解析することができますが、さらにその結果を再びANSYSSIwave 、ANSYS HFSSにフィードバックをかけることで、任意の信号を与えた場合の放射や近傍界を観測できます。アンテナマッチングや、ドライバの駆動能力をチェックする際に、非常に効率よく結果を得られるので便利です。

- 製品の操作性、サービスには満足されていますか?

内海 電磁界解析と熱解析ツールの操作性に差があるようです。個性の違いともいえるのでしょうが、同じ感覚で操作できると専任者を分けずに利用できるようになると思っています。

- 製品のご利用の際、気をつけている点、工夫していることがあればお聞かせください。

内海 不必要にモデルを詳細にして無駄な計算コストをかけないようにしています。熱解析では不連続メッシュの利用、電気では等価回路モデルの活用など工夫してもらっています。

- 当社のサポートサービスやセミナー等は利用されていますか?

内海 高い頻度でお世話になっています。的確な回答をレスポンスよくいただきます。

解析事例


図1 ANSYS SIwaveとSynopsys社のHSPICEを使ってSI解析を行った例。
ANSYS SIwaveで求めたSパラメータを用いて、HSPICEでアイパターン解析をすることで、
リターン経路の影響を評価しています。


図2 ANSYS SIwaveを使ってSI解析した例。
レイアウトを改善し、ジッタ―を低減しています。


図3 ANSYS HFSSを用い、インサーションロスおよびリターンロスを解析した事例。
GNDビアの有無や配置の違いによる伝送経路特性を比較し、最適案を検討しています。


図4 ANSYS SIwaveおよびSynopsys社のHSPICEを使ったPI解析事例。
電源配線には、DC-Drop解析、AC-Drop解析、インピーダンス解析を実施することで、
必要な配線幅や最適な最適なコンデンサ定数・位置を決定しています。


図5 ANSYS Icepakを用いた熱解析事例。
映像処理基板を収納する筐体(プラスチック/アルミ)を想定し、
連続動作した場合の温度上昇を予測しています。

2015年からは新卒採用をスタート。顧客のニーズを適切にくみ取ることができる、優秀なエンジニアを育成中

- ありがとうございます。ANSYS製品、当社サポートともに、今後も是非ご活用ください。ところで、今年より新卒採用を開始されたそうですね。CAE教育はどうされていますか?

内海

自動車業界のお客様から引き合いが増えてきたこともあり、今年は高等専門学校から5名、採用しました。
当社は自らで開発するのではなく、お客様から依頼をいただいて設計をする立場です。その際に最も重要なのは、「お客様が何を望んでいるか」を理解することだと考えています。
例えば、精密なSパラメータが必要な方には、ANSYS HFSSで詳細に解析した結果をお出しするべきでしょう。しかし、傾向を見たいという方にはANSYS SIwaveのほうが適しているかもしれません。
もちろん技術力や知識は重要ですが、お客様の問題を解決するには、お客様の課題やご要望を適切にくみ取るコミュニケーション力が求められます。若い方に、そうした能力を伸ばしてもらいたいと思い、新卒採用を始めました。

教育といっても当社は学校ではないので、理論よりも実践重視です。学生には、まず3か月のインターンシップを実施し、まず回路図とCADを渡して、自由に設計してもらいます。当然それがワーストケースになります。その作品と、模範となる設計を比較させて、何が良くて何が悪いかを体感してもらう。その後に過去の実例をもとに自分なりに設計し、正解と比較してレポートを書いてもらいます。
そして入社後には、それぞれに担当のソフトウェアを与えて自ら勉強するようにしています。

- データの管理やノウハウの共有はどうされていますか?

内海

設計業務はあいまいな部分が多く、ともすると納品物の「質」が担当者のスキルに依存してしまいがちです。当社はそれを避けるため、どんな小さい仕事でも、複数名体制で相互チェックをかけながら作業を進めています。
例えば、お客様の要求事項を文章化したものをコンファーメーションシートとして使い、品質チェックや進捗管理に利用しています。また、過去の設計データをライブラリ化することで、ICの名称から過去の設計データを検索できるようにすることで、今までのノウハウを活用できるようにしています。
おかげさまで、品質が安定している点は、お客様からご好評をいただいています。

いっぽう、大切なお客様のデータをいくつも扱っていますので、データの管理には気を使っています。
できるだけ自分のワークステーションを持たせないようにしたり、専任者を設けて、ファイルの管理状況を随時チェックさせたり。ANSYS HFSSやANSYS SIwaveも、利用できるマシンを限定しています。

今後の注目は電動化・自動化の進む自動車業界。PCB設計という観点から、可能な限りの問題解決を

- 今後取り組まれたいことについてお聞かせください。

内海

最近、自動車業界のお客様と活動させていただく機会が増えましたので、品質管理やコンプライアンスのことなど、改めて勉強しています。
また、自動車業界の電動化・電子化の流れは、非常に興味深いですね。自動運転システムのように、社会インフラの情報と自動車の情報を融合させる取り組みだったり、スマートグリッドの交点のすべてにサーバーを設置することで、情報のアクセスを素早くさせたり。本当に面白いと思います。
しかしその一方、割り当てられる電波の帯域は限られているので、情報量が多くなればなるほど混信など多くの問題が発生します。そこをどう解決するか。
PCB設計という立場から、可能な限りのご支援をしていければと思っています。

アルティメイトテクノロジィズ株式会社様 内海様には、お忙しいところインタビューにご協力いただきまして誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。

【メカニカルCAE事業部マーケティング室】

1 2

Webマガジン「CAEのあるものづくり」
無料ダウンロード配布中!
当社発行誌「CAEのあるものづくり」は、CAE技術者の方や、これから解析を行ないたい設計者の方を対象とした技術情報誌です。お客様の解析事例紹介やインタビュー記事、解析のテクニックなど、スキル向上に役立つ情報をご提供しています。

詳細

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ