[澁谷工業株式会社]「世界のトップを走るボトリング技術」を支えるANSYSのシミュレーション

目次

新入社員全員がCAE研修を受講。設計者も日常的にANSYSを活用

御社のCAE教育についてお聞かせください。

西納 新入社員の研修プログラムにCAEを組み込んでいます。入社後の1年間は、様々な部署をまわるのですが、そのなかの一定期間が設計部門で、CADやCAEの教育を行います。さらに設計部門に配属になった部員には、より踏み込んだ形でCADとCAEを教えています。
新入社員全員に教育するようになってから、CAEが使える設計者は急増しました。
西納 現在では設計者も日常的に解析をしていますし、解析結果は会議資料としても活用しています。その中で、解析が得意な人を解析専任者にしました。彼らには社内の解析エキスパートとして、新入社員を教育したり、サイバネットのセミナーを受講したり、サポートの取りまとめを担当してもらっています。

実験と解析結果が合わないことにお悩みの方も多いようです。御社はいかがですか。

西納 長年CAEで製品設計をしてきたノウハウがあるので、ベテランの設計者なら解析結果が現実的かどうかの判断や、合わないときの対処方法は体得していると思います。

また当社では、実際に設置作業をしている製造部門と相談しながら、解析結果の許容範囲を定義しています。例えば、たわみはこの値以内におさえるとか、超える場合は補助部材をつけるとか。その範囲内で設計するようにしています。
経験を積んだエンジニアなら、危ないものは見たり触ったりすればわかるものです。シミュレーションが本当に生きてくるのは、そうした肌感覚を体得してからだと思います。そのためにも、若い人には経験を沢山積んで欲しいですね。

また、自分がどんな結果を期待しているのか、解析の目的は何か、意識して解析に取り組んでほしいと思います。何も意識しないまま、精度のよい結果を出そうとすると、やみくもに解析規模が大きくなるだけで無駄が多くなります。しかし目的が明確なら、必要な部分だけメッシュを細かく切れば十分ですし、知りたい事さえわかれば、無駄に精度を追求しなくてもよくなります。

今後はより高度な解析や、今までにない領域のシミュレーションを視野に

今後取り組まれたいことは何ですか?

西納 より高度な解析にも取り組みたいですね。構造分野ではゴムや大変形、座屈、折れ発生メカニズムなど、流体では配管の中や容器の流れといった密閉空間だけでなく自由表面などを検討中です。
今までとはまったく別の領域に取り組んでみたいですね。再生医療の分野では、細胞の培養を行っていますが、例えば細胞のメカニカルな物性評価に有限要素法が使えたら面白いかもしれません。再生医療の研究は、工学系の大学教授も多くいらっしゃいますので、可能性はあると思います。

御社は大学とも積極的に共同研究をなさっていますね。大学との人脈を作るために気をつけていることはありますか?

再生医療学会をはじめ、他にも興味のある学会には積極的に行くようにしています。またどんな研究であっても、その根底にあるものは人と人とのつながりですから、直接お会いして、じっくりお話することが大事ですね。そうした活動が現在に繋がっているのだと思います。

製品や当社へのご要望はありますか。

西納 FAQがさらに充実すると良いと思います。またANSYSは連成解析ができるのが良いですね。解析のファイルも1つで済むので、解析データの管理にも役立っているようです。
今年の夏に「ANSYSものづくりフォーラム in 北陸」で講演しましたが、地元の企業が交流でき良いイベントだと思います。また開催してください。また、有料のトレーニングは、こちらから東京に行くのは大変なので、当社で開催してもらえると良いですね。自分たちの業務に直結したテーマに集中できるので、効率も良いと思います。

オンサイトトレーニングは、多数のお客様に活用いただいています。有限要素法の基礎理論から、解析のテクニックのような応用編まで、ご要望に応じてカスタマイズできますので、どうぞお気軽にご相談ください。

澁谷工業株式会社 中様、西納様には、お忙しいところインタビューにご協力いただきまして誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。
[メカニカルCAE事業部 マーケティング部]

1 2 3

はじめてのANSYS体験セミナー

Webマガジン「CAEのあるものづくり」
無料ダウンロード配布中!
当社発行誌「CAEのあるものづくり」は、CAE技術者の方や、これから解析を行ないたい設計者の方を対象とした技術情報誌です。お客様の解析事例紹介やインタビュー記事、解析のテクニックなど、スキル向上に役立つ情報をご提供しています。

詳細

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ