[株式会社 リコー]ANSYS Workbenchの自動メッシャーが使えることは大きなメリット。
PlanetsXの一層の機能強化に期待


左から沢田様、甲田様

お客様起点での価値創造を目指し、画像機器を中心とした数々の製品とサービスを提供しておられるリコーグループ様。デジタル複合機(MFP)、プリンター、ファクシミリ、プロダクションプリンター、プロジェクションシステム、デジタル印刷機等の機器および関連消耗品、サービス、関連ソフトウエア、クラウドサービスと連携するネットワークアプライアンス、デジタルカメラ、サーマルメディア、電装ユニット、半導体など、製品は多岐にわたります。

今回のインタビューでは、リコーグループ様の製品のコア部品の生産技術開発を担う、加工技術開発グループの皆様にお話を伺いました。

今回お話いただいた方々
生産事業本部 生産技術センター 第二センター
KP開発室 加工技術開発グループ スペシャリスト
甲田 卓也 様
沢田 清孝 様

(以下、お客様の名前の敬称は省略させていただきます。)

目次

コア部品の生産技術開発にシミュレーションを活用

- 皆様のお仕事の内容をご紹介ください。

沢田

沢田 清孝 様
私が所属する加工技術開発グループは、当社製品のメインやキーになるパーツの生産技術開発を行っています。私は、デジタルカメラ(以下、デジカメ)の鏡胴部品の成形技術やインクジェットに関する部品の加工技術の開発を進めています。
甲田 私も加工技術開発グループに所属しており、主にデジカメの鏡胴部品の高精度化へ向けたシミュレーションを行っています。

ANSYS Workbenchの自動メッシャーにより、解析にかかる工数を削減

- 射出成形CAEシステム「PLANETS "MoldStudio 3D"」( 以下、MS3D)をご利用なさっていた貴社が、ANSYS Workbench版 射出成形CAEシステム「PlanetsX」へマイグレーションされた背景を教えていただけますか。

甲田 理由の1つは、ANSYSの自動メッシュ機能が使える点です。従来は、例えばデジカメのような複雑な形状を解析する場合、メッシュ作成/形状修正に苦労していました。またマイグレーションを検討する際に、PlanetsXの紹介セミナーに参加して、その操作性の良さを実感できました。さらに、ANSYSの構造解析や伝熱解析と連携できる点にも期待しています。
沢田 私も操作性が良いと思いました。また今後は成形工程で変化する物性値の異方性を考慮に入れた構造解析を実施したいと考えています。
従来から、MS3DとANSYSを連携させれば、成形履歴を考慮した構造解析が行えることは知っていましたが、なかなか着手できずにいました。PlanetsXはANSYS Workbenchに実装されていますので、そうした連携解析が比較的に容易に行える点にもメリットを感じています。

- 御社では、樹脂流動-構造連携解析の重要性が増しているのでしょうか?

甲田

甲田 卓也 様
現状は少ないですが、徐々に需要は増えています。弊社ではフィラーなしの単体樹脂製品は少なく、フィラー含有樹脂製品のほうが多いものの、今までは繊維配向状態を考慮せずに構造解析をしていました。しかし射出成形では含有するフィラーの配合状態により繊維配向が異なるため、現象を正しく予測するには、それを考慮して構造解析を行う必要があります。

MS3Dの繊維配向解析では1要素辺りの繊維数まで変更可能ですが、詳細に解析していると解析時間がかかってしまいます。それよりは、PlanetsXの操作性、機能性を活用し、解析効率を向上させるほうが我々には適していました。またANSYS Workbenchの自動メッシュ生成機能で様々な部品のメッシュを作成したところ、どの様なモデルでもエラーになることなく任意のサイズでメッシュ生成ができたので、効率が良く非常に助かっています。

サイバネットのサポートは早くて親切。今後のPlanetsXの機能強化に
期待。

- ANSYSのメッシャーは、以前よりロバスト性の高さで定評がありますが、バージョンアップのたびにいっそうの機能強化を重ねています。PlanetsXは、そうしたANSYSのメッシュ機能をフルに活用できる点も大きなメリットだと思います。今年2月にリリースされたPlanetsX 2.0は、ANSYSの最新バージョン14.0に対応していますので、ぜひご活用ください。
この他、製品や弊社に対するご要望はございますか?

甲田 他にも複数のCAEツールを利用していますが、貴社のサポートは一番早くて親切だと感じています。いつも助かっています。製品については、今後もデジタルカメラ鏡胴部品や複写機、光学系のレンズ関連部品はニーズがありますので、さらに解析対象分野を拡大していきます。さらなる機能拡張/充実化をお願いします。

例えば、数種類のフィラー配合樹脂での流動解析、繊維配向解析等を行い、フィラーを数種類混ぜた時の挙動がどうなるのかを見てみたいという要望が社内で既にニーズとしてあります。また弊社では、MS3Dのオプション機能を使って、プラスチックレンズの光学性能評価を行っています。複写機の書き込み光学系に設置されるfθ(走査)レンズにおいて、樹脂流動解析、そり解析、残留応力解析、光学解析等を行っており、射出成形プロセス開発のツールとして活用しています。今後、PlanetsXの機能拡張を期待しています。
沢田 PlanetsXは操作性が良く、解析専任者でなくても非常に使い易いと思います。しかしその反面、今までMS3Dで簡単にできていた事ができなかったりと、機能がまだ拡充されてない印象もあります。全ての機能を実装するとMS3Dになってしまいますが、頻繁に使う機能は実装していただけると助かります。

ありがとうございます。2012年の夏頃を目処に、光学性能評価解析や流動残留応力解析機能も、PlanetsXに実装する予定でいます。今後もお客様のご要望をお伺いしながら、MS3Dの機能を盛り込んでいく所存ですので、どうぞご期待ください。

株式会社リコー 甲田様、沢田様には、お忙しいところインタビューにご協力いただき、誠にありがとうございました。この場をお借りして御礼申し上げます。
【メカニカルCAE事業部 マーケティング部】

「CAEのあるものづくりVol.16 2012」に掲載

設計者のための樹脂流動解析入門

Webマガジン「CAEのあるものづくり」
無料ダウンロード配布中!
当社発行誌「CAEのあるものづくり」は、CAE技術者の方や、これから解析を行ないたい設計者の方を対象とした技術情報誌です。お客様の解析事例紹介やインタビュー記事、解析のテクニックなど、スキル向上に役立つ情報をご提供しています。

詳細

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ