疲労解析

コンロッドの疲労解析 〜形状および材質の影響〜

製品設計において、コスト削減のための形状変更(形状の最小化)、材質の変更などを余儀なくされることがありますが、もし、その製品が繰り返し荷重が作用するものであれば、静的構造解析による応力評価だけでなく、疲労寿命評価も併せて行う必要があります。本解析例では、形状変更、材質変更による疲労寿命の変化について比較します。
「コンロッドの疲労解析 〜形状および材質の影響〜」の詳細

コンロッドの疲労解析 〜平均応力の影響〜

疲労寿命の評価において、平均応力は非常に重要な意味を持ちます。応力振幅が同じであっても、引張り側の平均応力により疲労寿命は 短くなり、圧縮側は逆に長くなります。ANSYS nCode DesignLifeでは、平均応力による補正理論がサポートされており、本解析では、平均応力による疲労寿命を比較しています。
「コンロッドの疲労解析 〜平均応力の影響〜」の詳細

はんだ亀裂進展解析

はんだの熱サイクル疲労寿命を予測した事例です。はんだに弾塑性材料とクリープ材料を割り当て、熱サイクル荷重を負荷した際の非線形ひずみ振幅より疲労寿命を予測しています。
「はんだ亀裂進展解析」の詳細

温度サイクル試験によるはんだ接合部のき裂進展解析

はんだ接合部のき裂進展マクロを利用し、温度サイクル下における非線形ひずみ振幅から Manson-Coffin 則とマイナー則を適用した上、サイクル荷重における寿命を算出したり、き裂進展の様子を確認することが可能です。
「温度サイクル試験によるはんだ接合部のき裂進展解析」の詳細

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ