回路・システム解析ケーブル・コネクタを含めた基板間伝送信号の解析事例

  • ドライバ〜レシーバ間の一連の伝送線路におけるアイパターンを確認したい。
  • ケーブルやコネクタを含めた伝送線路のインピーダンスコントロールを行いたい。
  • 購入したケーブル、コネクタの配線やピン配置によるクロストークの影響を確認したい。

近年、ウェアラブル機器と液晶ディスプレイなどの各種機器間、または各機器内部の信号を伝送するために、ケーブルやコネクタを使用した基板をまたぐ伝送方法が広く普及しています。これらの機器は伝送速度が高速なため、シグナルインテグリティの確保や放射ノイズの対策が設計を行う上で必要不可欠な要素となっています。ANSYS®の電磁界解析と回路シミュレータを使うことで、基板・ケーブル・コネクタを含めた各種伝送特性の評価が可能です。また、購入したケーブル、コネクタを使用する場合は、ベンダーなどからSパラメータを入手し回路シミュレータ上で接続することで、一連の伝送線路における解析が可能です。

解析モデル

基板〜コネクタ〜フレキシブルケーブル〜コネクタ〜基板を接続し、一連の伝送線路の特性(通過特性、反射特性、近端クロストーク、遠端クロストーク、TDR波形、アイパターン)を確認します。

解析結果

通過特性(Sdd21)
反射特性(Sdd11)

近端クロストーク(Sdd31)
遠端クロストーク(Sdd41)

TDR測定回路

Port1に立ち上がり100psのパルス信号を入力し、反射信号からTDR波形を算出する。


★専用のTDRプローブで簡単にTDR波形を求めることが可能。

TDR波形

アイパターン測定回路

Port1に1GbpsのPRBS(2^7)を入力し、Port2の波形を測定する。


★QuickEye解析(ANSYS 独自の高速Eye解析機能)により、短時間でアイパターン解析が可能。

アイパターン

解析種類


関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ