音響解析スピーカーの音響周波数応答解析

  • ANSYSをお持ちで、有限要素法(FEM)の音響解析を実施したい。
  • 周波数応答の音響解析を実施したい。
  • 直感的に音響解析を実施したい。

スピーカーのコーン部に速度荷重を設定し、音響空間における音圧レベル分布を計算します。
周波数応答解析となりますので、スピーカーからの特定の周波数における音圧の計算がされます。
空気層のみを音響空間としてモデル化し、空気の外側はPML層を定義して無限境界として設定します。また、構造体との境界面は剛壁(完全反射)として扱われます。

速度荷重が与えられた面付近の音圧レベルは大きくなっており、放射された音が板の境界面で反射しているのがわかります。一方、板の反対側とスピーカーの後ろ側は音圧レベルが低くなっているのが確認できます。

解析結果


図.音圧レベル分布

図.遠距離場音圧レベル
(スピーカー面より1m距離)

解析種類


関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ