電磁界解析バスバーのインダクタンス・熱流体・熱応力解析事例

  • バスバーの抵抗値、インダクタンス値の周波数特性を求めたい。
  • 周囲の温度の影響を考慮した熱流体解析による温度分布を求めたい。
  • 熱膨張によるネジ穴径のはめあいの検討を行いたい。

自動車や産業機器に搭載されるモータやインバータは、高圧・大電流を使用するため配線にバスバー(ブスバー)を使用します。
バスバーは、ノイズや発熱の点から、低損失・低インダクタンスが求められています。ANSYS Q3D Extractorでは、実測では難しい抵抗やインダクタンスの周波数特性や電流分布・電力損失の可視化が可能です。

ANSYS CFD / Mechanicalとの連携により、ANSYS Q3D Extractorで解析した体積損失密度から周囲空間への放熱の状況、熱応力による変形量を見積もることができ、ANSYSを使った解析によりバスバーの電気・機構設計が可能となります。

解析モデル

解析フロー

連成解析時に電磁界解析の結果を紐付けることで、熱流体解析と熱応力解析を簡単に行うことができます。

解析結果(初期結果)


300MHz 時の各端子間の抵抗・インダクタンス値(電磁界解析)

電流密度(電磁界解析)

温度分布(熱流体解析)

変形量(熱応力解析)

18倍スケール表示による変形量(熱応力解析)

キャパシタンス、コンダクタンスの算出、電荷の表示も可能です。

ANSYS Q3D Extractor と ANSYS CFD/Mechanical によるバスバー解析の特徴
  • 周波数依存の抵抗値、インダクタンス値を求めることができます。
  • 体積損失密度の結果を使うことで正確な発熱分布を求められます。
  • 周囲の流れ場の状況に応じた放熱量を考慮した温度分布を求められます。
  • 熱膨張によるネジ穴径のはめあいの検討が行えます。

解析種類

対応プロダクト

以下のライセンスを使用

関連キーワード

関連セミナー

解説つき事例集ダウンロード

解析の概要やANSYSを使った事例を一冊にまとめました。ぜひご活用ください。

ダウンロード

収録事例

放射ノイズ解析事例

電気機器のシステム(基板、ケーブル、筺体)のEMI抑制設計事例
PCBをノイズ源とした筺体の放射ノイズ抑制効果の検討
基板の近傍・遠方界解析を活用した放射ノイズ抑制事例
電源ノイズ波形の解析結果を考慮したEMI解析

伝導ノイズ解析事例

インバータ回路の伝導ノイズ解析事例

対策部品設計事例

容量主体のコモンモードフィルタ(CMF)解析事例
インダクタンス主体のコモンモードフィルタ(CMF)解析事例

伝導イミュニティ解析事例

電磁界解析を活用したESD(静電気放射)による電磁界分布の可視化
プリント基板と筐体のグランド接続時のESDノイズ解析

ダウンロード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ