構造解析基板のランダム振動解析

  • 不規則振動における製品の応答を評価したい
  • 様々な周波数成分を含む振動による製品の疲労寿命を見積りたい

輸送時や使用時に製品が受ける荷重は周期性がなく様々な周波数成分を含んだ不規則振動になります。このような振動問題は時系列としての解析や評価は非常に難しくなります。そこで、統計的な処理を導入し、入力にPSD(パワースペクトル密度関数)を利用した解析を実施します。よって、解析で得られた結果も統計的に評価します。

本事例は基板を対象としたランダム振動解析を行っています。

測定された加速度PSDを入力波形として基板の面直方向に定義しています。結果の一例として1σの応力コンターが確認でき、ガウス分布より1σ応力の発生率がおよそ68%として評価することができます。その他、ランダム振動にさらされる部品の疲労寿命を簡易的に見積ることもできます。

解析概要図

解析結果



変位1σ

解析種類

対応プロダクト

以下のライセンスを使用

関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ