構造解析摩擦を考慮したゴムローラーの接触解析

  • ゴム(超弾性材料)を使用した解析を行いたい
  • 摩擦を考慮した接触を伴う解析を行いたい
  • ローラの回転によって紙が移動するかを観察したい

非線形構造解析には 「材料非線形」 「幾何学的非線形」 「要素非線形」の3つの非線形性があります。ゴムのように大きく変形し、かつ接触を伴う挙動につきましてはこれら全ての非線形性を考慮する必要があります。

ローラーの外表面のパーツには材料特性として超弾性材料を定義しています。

ローラの移動や回転といった動作は、リモート力およびリモート変位を組み合わせて複数荷重ステップにて実行しています。

アニメーションは、X方向の変位量を表示しています。

解析モデル


図.2D ローラと紙のモデル (部分拡大図)

解析結果


図.ローラの回転による紙の変位量

解析種類

対応プロダクト

以下のライセンスを使用

関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ