連成解析回転ローラの非定常伝熱−構造連成解析

  • 移動物体からの輻射を加味した時刻歴伝熱解析を実施したい。
  • 摩擦熱を考慮した解析を実施したい。
  • 物体の移動により接触位置が変化する伝熱−構造解析を実施したい。
  • 伝熱解析と構造解析を直接連成にて計算したい。

本解析では、直接連成場要素を利用して、高温ローラが基板上を回転しながら移動した際の、基板に生じる温度分布、変形量、応力などを計算した例です。 高温ローラの位置が変化すると、基板上の熱の流入位置が接触状態によって変化します。また、ロータと基板間の輻射形態係数もローラが移動することで時々刻々と変化します。ローラと基板間には摩擦熱が生じます。
上記内容を考慮した解析例となります。

解析モデル

解析結果



ローラの変位アニメーション

基板温度アニメーション

解析種類

関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ