流体解析建築物(カフェ)内部の温度の日射による影響評価事例

  • 特定地域/日時における日射の影響を考慮した温度場を把握したい。
  • 室内温度への空調機器/遮光ガラスの効果を把握したい。
  • 特定地域/日時/方角における日射の影響を把握したい。

直射日光を受けるカフェ内部の温度を、想定している空調施設や遮光ガラスによってどの程度低下させることができるかを解析した事例です。
熱流体解析技術を利用することで、空調機器により形成される発生するカフェ内部の流れ場や、温度場を把握することができます。

こちらの事例では

  • 遮光ガラス(ガラス内部の輻射エネルギーの減衰/散乱)の影響
  • 空調機器の位置により変化する流れ場
  • 日射(例えば日本/真夏/午後2時を想定)による輻射エネルギー負荷
  • 内部壁の輻射率の影響
を考慮しており、内部の空気流れや、日射によって窓際の温度がどの程度上昇するかを確認することができます。
また、汎用の可視化専用ツール(EnSight)を用いることでさらに高度な可視化も可能です。

解析結果

図.日射による輻射エネルギー分布

図.カフェ内部の温度分布


図.空調機器による流れ場

図.汎用ポストプロセッサーEnSightを用いた高度な可視化(使用機能:パーティクルトラッキング、ボリュームレンダリング、ウォークスルー等)

解析種類

対応プロダクト

以下いずれかのライセンスを使用

※高度な可視化を表示するには、上記に加えて下記ライセンスが必要です。


関連キーワード


関連セミナー



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ