構造解析Nitinol(ニッケル-チタン合金)ステントの変形解析

  • ステントに代表されるような形状記憶合金の超弾性効果を考慮した解析を行いたいが設定方法が分からない。

記憶形状合金の超弾性効果を考慮したステントモデルとなっています。結果の対称性を利用して1/9周期対称モデルとしています。周期対称性を考慮するために、周期対称面となる2つのペアに対して周期対称条件を定義しています。また、荷重条件は、ステント端面から引張と圧縮の繰り返し荷重を定義しています。これにより、引張荷重時と圧縮荷重時とで経路の異なる記憶合金特有の材料挙動を確認することができます。


図.形状記憶合金の材料挙動

解析モデル


図.ステントモデル

図.解析対象領域と境界条件

解析結果


図.ステントの変形分布

図.ステントモデル変形時の材料挙動(応力-ひずみ線図)

解析種類

関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ