落下・衝突解析SPH(メッシュフリー)による液体が含まれた容器の落下

  • 容器内部の流体変形を考慮した落下強度を評価したい。
  • 計算しようとしても、流体部分のソリッド要素が潰れてエラーとなってしまう。

容器はソリッド要素、容器内の流体はSPH(メッシュフリー)要素を利用しています。SPHは、従来のソリッド要素では、要素が潰れて計算エラーとなった場合に有効な手法です。

解析条件:
-初期速度:25[m/s]
-重力加速度:9.8[m/s2]
-解析対象時間:10.0[msec]

解析モデル


図.容器の全体モデル

図.容器の断面カット

解析結果



図.容器内の流体の速度分布


図.容器の相当応力分布

解析種類

対応プロダクト

※以下ライセンスを使用

関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ