構造解析ワイヤ巻きつけ加工解析

  • ワイヤを巻きつける加工の解析をされたい方

円筒にワイヤを巻きつけた事例です。この事例では、3次元ビーム要素を使用して解析を行っています。
この解析では、ワイヤを巻きつける円筒を回転とともに軸方向に移動させることで、ワイヤが重ならずに巻かれていく様子を表現できます。また、ビームの端部に適度なテンション荷重をかけることで、ビームの不要な動きを抑制しています。
ビームと円筒の間には接触を定義しています。ビームの半径分の接触オフセット量を定義することで、ビーム外形と接触させています。

解析モデル

サンプル

解析結果


解析種類

関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ