流体解析建物周辺のビル風を評価する事例

  • ビル建設後に、ビル周りがどの程度の風速になるかを把握したい
  • ビル風の影響を最小化する設計を行いたい

特定方向から風が吹いた場合の、ビル間の流れ場を可視化した事例です

流体解析機能を使用することで、建造物(ビルや屋外パネル)周りの流れ場を可視化することができます。

こちらの事例では特定方向から風が吹いた場合、旋回流が起きやすい場所や、流速が大きくなる場所を確認することができます。

解析結果

図.流速ベクトル図
図.流速ベクトル図

解析種類

対応プロダクト

※以下いずれかのライセンスを使用
関連キーワード


関連セミナー



CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ