マルチスケール解析多孔質片持ち梁におけるマルチスケール解析

多孔質片持ち梁に対してマルチスケール解析を行ったケースと、非均質性を直接モデリングしたケースの解析結果と解析時間を比較し、マルチスケール解析の有効性を検証する。

片持ち梁の左端を完全拘束し、上面に圧力を定義した静的線形構造解析を行う。縦方向の孔数が1〜21の計21ケースの解析を実施する。

解析モデル


解析時間の比較

解析結果

直接モデルとマクロモデルの変位と応力のグラフを示した。孔数が増えれば(=ミクロとマクロのスケール比が大きくなると)解析精度が向上する傾向が確認できる。


変形量の比較

相当応力の比較

解析種類

※この事例では、ANSYSに加えて以下のライセンスが必要です。
マルチスケール解析ツール Multiscale.Sim®

関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ