マルチスケール解析航空機翼の応力(局所化解析)

  • 複合材のミクロ構造の詳細結果を確認したい。
  • 複合材の材料特性がわからずに困っている。
  • 複合材料からなるモデルを高精度で、かつ簡単に解析したい。

航空機の主翼における構造解析を行いました。主翼部を構成しているハニカムサンドイッチパネルに対してマルチスケール解析を実施し、主翼部のミクロ構造の応答を評価しました。

解析フロー

本事例では3つのステップでマルチスケール解析を行っています。

  1. ミクロモデル(ハニカム構造部)で均質化解析
    ミクロモデル(ハニカム構造部)の均質化解析を実施し、1要素で評価できる等価材料物性値を評価します。

  2. マクロモデル(飛行機の主翼)で構造解析
    均質化解析で特定した等価材料物性値をマクロモデル(飛行機の主翼)に適用し、構造解析を行った際の応答を評価しました。

  3. ミクロモデル(ハニカム構造部)で局所化解析
    マクロモデル(飛行機の主翼)の解析結果より局所化解析を行い、ミクロモデル(ハニカム構造部)の応答を評価しました。

解析モデル

解析結果


図.ミクロモデル(ハニカム構造)の局所化解析結果

解析種類

※この事例では、ANSYSに加えて以下のライセンスが必要です。
マルチスケール解析ツール Multiscale.Sim®


関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ