構造解析太陽電池パネルフレームの応力解析

  • 太陽電池パネルフレームの既存製品に対し、改良仕様による新製品開発を効率的に実施したい。
  • 製品開発において試作コスト低減、プロジェクト期間短縮を実現したい。

太陽電池パネルフレーム構造に対して構造建築法規で定められた積雪荷重,設置作業者の踏み込みを想定した歩行荷重,夏季/冬季における構造内温度差等による構造の応力状態を評価しています。

米カリフォルニア州 OpenEnergy 社では初期導入コスト低減と屋根上設置における美観上問題を克服した ソーラールーフパネルを開発しています。同製品の費用対効果と性能向上を目的としたパネル再設計委託を請け負った Stein Design 社は ANSYS DesignSpace を使って既存製品と再設計製品の構造上の性能評価を行い、再設計製品が構造建築法規を満足するために適切な仕様変更を実現しました。 ANSYS DesignSpace を使った簡単操作による What-If シナリオ構築により、いくつものエンジニアリング上の要件を満たす最適な設定に応じた設計が実現し、プロジェクトを従来より短時間で完了できるようになりました。


資料提供:Stein Design
サンプル

従来製品(3フィートモデル)の歩行荷重による応力分布

サンプル

再設計製品(4フィートモデル)の歩行荷重による応力分布

解析種類

データ提供元

Stein Design 社

詳細記事

屋根の美観を損ねない太陽電池パネル


関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ