構造解析はんだ亀裂進展解析

  • 熱対策のために、実験コストがかかり過ぎている。
  • 疲労寿命予測をもっと効率化したい。
  • 解析ツールは持っているが、疲労寿命予測の方法がわからない。

本解析事例では、ANSYSのMechanical APDLを用いた専用マクロを用いて解析をしています。
このマクロでは以下について確認ができます。

・亀裂の進展経路
・熱荷重サイクル数と亀裂進展の距離

解析フロー

  1. 指定した温度条件の熱サイクル荷重を負荷
  2. 非線形ひずみ振幅の解析結果より、Coffin-Manson則を用いて各要素毎の損傷率を算出
  3. 損傷率の大きな要素を削除してモデルを更新
  4. 1.〜3.のループを繰り返して徐々にき裂進展を表現

解析モデル


図.電子チップとはんだのモデル

解析結果

解析種類

関連ページ

関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ