(情報提供:アサヒグループホールディングス株式会社様)錠剤開発における解析

こんな方にお勧めします

  • もっと飲みやすい錠剤形状を検討したい。
  • 錠剤の硬さが十分か検討したい。
  • 打錠設備の耐久性について検討したい

嚥下性の最適化計算

官能試験により得られた結果から、嚥下性と錠剤形状の関係を分析し、飲み込みやすい錠剤形状を探索した事例です。
限られた数の官能試験結果から応答曲面を作成し、最適形状を自動探索する事が可能です。

錠剤の硬度予測

錠剤形状は飲み込みやすいだけではなく、適切な硬度を持つように設計する必要があります。錠剤は打錠により成形されるため、成形後の材料特性が不均一であると考えられています。本解析事例では、打錠成形時の杵の反力分布を算出し、錠剤の材料特性も杵の反力分布と同様の分布であると仮定して硬度を予測しています。
ある特定の粉体においては、実用的な精度で結果が得られることが確認されました。

打錠杵の強度評価

錠剤形状を検討するにあたり、飲み込みやすさ、錠剤硬度の他に打錠設備の耐久性についても検討する必要があります。
錠剤成形時に生じる打錠杵先端の応力分布をCAEにより算出し、所定の耐久性がある事を確認した事例です。

解析種類

対応プロダクト

ユーザインタビュー

アサヒビール株式会社
錠剤開発におけるANSYSの活用と、これからの可能性

その他の記事

こちらのリンクより、その他の記事の情報をご覧いただけます。

本事例の情報提供


アサヒグループホールディングス株式会社様

関連キーワード

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ