構造解析錠剤の成形シミュレーション(粉体の圧密解析) 

  • 設計段階で錠剤硬度を予測したい。
  • 最適な打錠圧がわからない。
  • コーティング、輸送時の割れや欠けを最低限に抑えたい。
  • 打錠障害の対策をしたい。

粉体を連続として表現して錠剤の成形過程をシミュレーションしています。 Drucker-Prager CAPモデルと呼ばれる材料構成則を用いて打錠成形過程を解析しています。

この解析により打錠時の内部応力だけでなく、杵解放時の残留応力や密度分布を確認することもでき、キャッピングやスティッキングといった打錠障害の原因を検討することが可能です。

本事例では平錠を用いていますが、シミュレーションでは錠剤形状を変更することも容易です。また、打錠圧や杵や臼に生じる摩擦の条件なども容易に変更して検討することができるため、試作回数を低減させる事に大きく貢献しています。

解析モデル


解析モデル
(1/4軸対称モデル)

解析結果

相当応力コンター図


クリックで動画再生

せん断応力コンター図


クリックで動画再生

解析種類

関連情報

製薬・食品業界向け受託解析サービス

詳細記事

※資料については、フォームにて承っております。必要事項を入力の上、送信してください。


関連キーワード

関連セミナー

CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ