流体解析ホッパーを落下する粒子(顆粒)の偏析の評価事例 

  • 粒子流れをシミュレーションで可視化したい。
  • 特性(粒子径/密度等)の異なる粒子の偏在を確認したい。
  • 最適なホッパー形状を検討したい。
  • 多粒子の流動挙動(偏析等)を評価したい。

ホッパーからの粒子の排出挙動を可視化した事例です。
こちらの事例では、排出口径や粒子径を変えることによって粒子群の流動がどのように変化するかを見ています。

流動解析ソフトで粒子群の挙動を追うことができます。こちらの事例では粒子流れを模擬する手法の一つである、『オイラー・グラニュラー法』を利用しています。
こちらの解析手法を使用することで、各種インプットパラメータの寄与率を検証することができます。具体的には、ホッパーの排出口径、粒子径、密度、粒子間の摩擦などの影響を考慮した解析を行うことができます。

解析結果

排出口径依存性

排出口径による流動状態を比較した事例です。





【排出口径:16Φ】



【排出口径:32Φ】

粒子依存性

粒子径による流動状態を比較した事例です。

解析種類

関連情報

製薬・食品業界向け受託解析サービス

対応プロダクト

ANSYS Fluent


関連キーワード


関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ