流体解析バブリング(気泡塔)による容器内の流動状態を可視化する事例

  • 化学反応装置の内部で起きている現象を可視化したい。
  • 最適な反応装置形状を求めたい。
  • 実験の回数を減らし、トータルでのコストダウンを図りたい。
  • 気泡塔の各種性能評価(ガスホールドアップ/気泡濃度分布等)を行いたい
  • 撹拌槽/気泡塔での気泡濃度を均一化するための知見を得たい

気泡塔の中の流動状態を模擬した事例です。こちらの事例では予め充填しておいた液体容器の下部から気泡をバブリングして、気泡や液体の流動状態、並びに液面上昇(ガスホールドアップ)を確認することができます。

事例では、混相流(多相流)機能を使用して、気泡(気相)と液相が混在する系の解析をおこなっております。また、解析目的に応じて、解析の厳密性/難易度を選択することも可能です。例えば、気泡にかかる様々な抵抗力や、気泡の分裂/衝突を考慮したり、カスタマイズ機能を用いて気相から液相への溶解現象をモデル化することも可能です。

解析モデル

解析結果


気泡の濃度分布

溶解成分の濃度分布


解析種類

関連キーワード


関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ