構造解析鋼板のローラ圧延解析

  • 圧延加工後の変形形状、および残留応力、残留ひずみを評価したい。
  • 加工中のローラの駆動に必要なトルクを評価したい。

2対あるローラーのうち、対称モデルとして一方のローラーのみをモデル化し、強制回転の条件を与えています。鋼板も厚み方向に1/2対称モデルとなっているため、底面には対称境界条件として摩擦なし支持を設定しています。また、鋼板には塑性を考慮し、ローラーと鋼板の間には、クーロン摩擦モデルによる接触条件を定義しています。

解析モデル


図.塑性ひずみの分布

解析結果

解析種類


関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ