構造解析自動車足廻り部品の応力解析

  • 実験では弱い部位を見逃す可能性があり、これを求めたい。
  • 強度不足の場合に、設計変更によりフレームの強度を確保したい。
  • 強度確保と材料低減によるコストダウンを両立させたい。

自動車の足廻り部品の応力分布をみた構造解析事例です。応力解析により、高負荷領域の発見、予測することが可能であり、材料の降伏応力を超える応力値が出力されることや、亀裂等が発生する可能性もあり、このような場合には設計変更をする必要性が出てきます。これにより適正なフレームの強度を確保することができます。

解析結果


自動車足廻り部品の応力分布

解析種類


関連キーワード

関連セミナー


CONTACT US

ご購入・レンタル価格のお見積り、業務委託についてはこちら。

お問い合わせ

ページトップへ